陰圧室とは? CDCガイドライン準拠とは?

陰圧室とは? CDCガイドライン準拠とは?

弊社が提供する陰圧室は、全て「CDCガイドラインに準拠した陰圧室」です。

●詳細はclickをお願いします●

◆感染拡散防止の部屋
医療機関において、結核やはしかなどの感染症患者やその疑いの患者を隔離する部屋のことをいいます。
一般的に陰圧室と呼ばれ、室内の空気を強制的に排出することで室内を陰圧にします。
現在では、CDCガイドラインに準拠した陰圧室が一般的になってきています。

◆米国疾病予防管理センターのガイドライン
米国の政府機関であるCenters for Disease Control and Prevention(以下:CDC)は感染に関するガイドラインを多数発表しています。
陰圧室のCDCガイドラインとは、CDCが発表しているガイドラインのうち、陰圧室に関するガイドラインを意味します。

◆最初に
弊社だけでなく、ほとんどのメーカーが「陰圧室には陰圧を測る微差圧計は必須」と考えており、今では一般的になっています。
*患者だけでなくスタッフの安全を守る観点からも陰圧室の必須アイテムと考えられています。

◆車にスピードメーターがあるように陰圧室には微差圧計がある
陰圧室の陰圧は、「微差圧計」の設置以外に医療機関が知るすべはありません。

電源を入れてない状態

入口が開いているため、0.3Pa

実際の運用時

車には、自身や歩行者の安全を守り、交通ルールを順守するために「スピードメーター」がついています。
同じように
陰圧室には、患者やスタッフの安全を守り、CDCガイドラインに準拠するために「微差圧計」がついているのです。

◆100%の安全は存在しない
院内感染のリスクを0%にすることは大変困難だと思いますが、医療機関では限りなく0%に近づける努力を日々されていると思います。
その努力に対し、弊社できるサポートは一つだけです。

「CDCガイドラインに準拠した陰圧室を提供する」

たったそれだけしかできませんが、これからも愚直に続けていきたいと思います。

1)陰圧室に関するCDCガイドラインをわかりやすく掲載するため、米国疾病管理予防センターのホームページなどより抜粋した内容を和訳・加筆しています。

2)CDCガイドラインに関する詳しい内容は、米国疾病管理予防センターホームページをご確認ください。

*注1 出典:米国疾病管理予防センター
https://www.cdc.gov/