エアーテント試作品の有効活用

2019年2月01日

 弊社で発売しております「マルチ防災エアーテントMIKASA-SA」の試作品を鹿児島県瀬戸内町にて有効活用頂くことになりましたのでお知らせいたします。

◆有効活用頂けた経緯
防災エアーテントを整備をしていない地方自治体に試作品をご活用頂けないかと検討・複数の自治体に相談していたところ、鹿児島県瀬戸内町総務課から「ぜひ、使わせて欲しい。」と、大変嬉しい返答があり、2019年1月23日に納品を完了しました。

◆納品説明(2019年1月23日)
納品と同時に行った説明では、鎌田町長をはじめ、役場・消防・警察の各関係者の約15名の皆様にご参加頂きました。

テント立ち上げ時弊社社員と鎌田町長

◆試作品について
バイオテロ・パンデミックなどの陰圧、クリーンルームを作る陽圧にも対応した先進的な構造は販売製品と同等の機能を有しています。
ただし、
・テントと電動ブロワー以外の付属品が無い
・自治体名が無い、細かい部分に至らないところがある
などが試作品ならではです。


◆瀬戸内町のご紹介
埼玉県川口市の弊社より南西方向に約1300㎞、鹿児島市の南方約420kmの洋上に浮かぶ奄美大島の最南端に位置しています。大島海峡をはさんで加計呂麻島、請島、与路島の有人3島を含む、総面積約240平方キロメートルの町です。

町花のハイビスカス、町木のそてつ・ガジュマルに象徴される自然豊かな瀬戸内町は、素晴らしい自然に負けない人柄の人々約9,000が暮らしています。

大島海峡と加計呂麻島「カラカラ鳴く」ホノホシ海岸

納品で終わりではなく、素晴らしい瀬戸内町の皆様からご指導頂きながら、
よりよい防災製品の企画・開発に尽力してまいります。

引き続き、弊社製品およびサービスをよろしくお願いいたします。

お問い合わせ先
ミカサ関東商会
TEL:048-294-2210