新型インフルエンザ補助金に関して

簡易陰圧装置(医療用)

簡易陰圧装置 AIRCLEAN

操作パネルと消耗品を確認すれば、製品の機能・性能がみえてきます。
AIRCCLEAN(エアクリーン)は、
陰圧にするだけでなく、使用される医療機関に優しい設計となっています。

 

簡易陰圧装置の設置陰圧病室

 


AIRCLEAN / AIRCLEAN60
◆製品特長
ファンスペックの違う、AIRCLEANとAIRCLEAN60の2タイプ

◆広めの部屋に対応する AIRCLEAN60
1.3倍の風量があるAIRCLEAN60は比較的広い部屋や 陰圧が取れにくい部屋の選択肢になっています。

◆高性能
リモコンやキーロックなどの安全機能が標準装備です。
強力脱臭機能も大変喜ばれています。

◆簡単にかえられる消耗品
前面パネルを開けることで全ての消耗品を交換できます。

ポジション
製品仕様

 

★FAQ *できないこと(デメリット)も正しくお伝えします

補助金の予算内で
購入は可能ですか?
新型インフルエンザ補助金(簡易陰圧装置)の予算内で購入可能です。 (本体設置・ダクト取付・微差圧計設置 費込)
*補助金には諸条件がございます。
 

他社は、
微差圧計がセットだけど?

弊社も標準付属です。
CDCガイドラインに準拠した陰圧室の確認、
陰圧室加算算定用としてご利用頂けます。

 

病室の場合、
どのタイプがおすすめですか?
個室、もしくは2人部屋がおすすめです。 それ以上広い部屋は、 換気回数や陰圧の確保が難しくおすすめできません。
 
CDCガイドラインに準拠した

陰圧室にしてもらえるのですか?

はい。

CDCガイドラインに準拠した陰圧室としてお渡しします。

なお、6人部屋への取り付けなど、CDCガイドラインに準拠することが難しい病室や診察室の依頼は、個室などへの変更をお願いしています。

どうしても、

広い部屋を陰圧にしたい場合は、感染症病室(診察室)をご検討下さい。

 
複数の部屋を同時に
陰圧にできませんか?
簡易陰圧装置では難しいです。 CDCガイドラインに準拠する以前に陰圧そのものを確保するのも困難です。
 

付属の微差圧計って

必要ですか?

絶対に必要です。

「CDCガイドラインに準拠した陰圧室」は、

2.5Pa以上の陰圧を維持する必要があります。

感染症患者入室の際は、

必ず部屋の陰圧測定をお願いします。

*微差圧計の操作時間30秒程度と簡単です。

 

 
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
不明な点は、お問い合わせを利用ください。